梶が谷駅前内科クリニックの「禁煙外来」

禁煙外来では、医師による禁煙のアドバイスに加えて、禁煙補助薬の処方を受けることができます。

タバコをやめたいのにやめられない原因は、
ニコチン依存症かもしれません。

禁煙補助薬はニコチンが切れるとつらくなる、そんな症状を緩和してくれる治療薬です。

禁煙できないのは意志が弱いからではありません。
ニコチン依存症という病気だからやめられないのです。

禁煙をお考えの方は当院にご相談ください。

禁煙外来

健康保険適応となる条件

  • 前回の禁煙治療(保険適用)から1年以上経っていること
  • ニコチン依存症の判定テストが5点以上
  • 35歳以上の方のみ、1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けた数が200以上であるもの
  • ただちに禁煙を始めたいと思っている
  • 禁煙治療を受けることを文書でご同意している

以上5点があてはまる方は健康保険が適用されます。

禁煙のための治療薬

健康保険で治療できるお薬には、
医療用のニコチンパッチとニコチンを含まない飲み薬の2種類があります。

禁煙治療にかかる費用

禁煙治療は、健康保険を使って治療できるため、自己負担が3割の人は、使用する薬にもよりますが、
約3ヶ月間の治療スケジュールで、

自己負担額は診察料とお薬代あわせて、
ニコチンパッチで約13,000円
飲み薬で約20,000円です。

仮にタバコを1日1箱吸う人の場合、
8~12週間分のタバコ代は約24,000円~36,000円ですので、
禁煙治療に支払う費用の方が安くつく可能性があります。

禁煙治療のスケジュール

健康保険を使った禁煙治療は、12週間(3ヶ月)が基本です。

その間に、初回診察、2週間後(2回目)、4週間後(3回目)、8週間後(4回目)、12週間後(5回目)診察と合計5回の診察を受けることになります。

《 初回診察時に行うこと 》

  • ニコチン依存症かどうかチェック
  • 一酸化炭素濃度の測定
  • 「禁煙開始日」を決定し、禁煙宣言
  • 禁煙経験の確認とアドバイス
  • 禁煙補助薬の選択

禁煙はいつ始めても遅くありません。

禁煙を続けることができれば、タバコでダメージを受けた体も健康に近づいていきます。

禁煙した数日後には、
味覚や朝の目覚め、肌の調子や口臭が改善されるなどの日常生活の中での効果を感じるようになります。

1ヶ月続けると、咳やたん、喘息などの呼吸器症状が改善します。

2~4年もすると、狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気のリスクが、喫煙者と比べて低下します。

まずは、気になる症状や禁煙治療の不安や疑問を相談してみてください。

関連ページ