COPD(慢性閉塞性肺疾患)の吸入治療薬の3成分配合吸入薬

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の吸入治療薬としては、これまでは、吸入ステロイド薬/長時間作用性β2刺激薬配合剤ICS/LABA:アイシーエス/ラバ)及び長時間作用性抗コリン薬LAMA:ラマ)の2つの異なる吸入薬を使用する必要がありました。

最近、上記3剤が一緒になった3成分配合吸入薬が発売されるようになり、さらに、1日1回の吸入ですみ、また、吸入操作も蓋をあけて一回吸うだけ(薬剤の充てん操作や吸うタイミングも気にしない)と簡便となっています。

《関連ページ》

  • 川崎市高津区 内科「梶が谷駅前内科クリニック」

    画像の説明

    コメント


    認証コード2717

    コメントは管理者の承認後に表示されます。