補中益気湯、六君子湯、人参養栄湯、十全大補湯 人参と黄耆

人間の生命活動に必要な3つの要素が、気・血・水です。

気(き)は、体のエネルギーを表します。血(けつ)は血液のことを表し、水(すい)は血液以外の体液を表します。

人参黄耆(おうぎ)は、気を補う補気薬です。


補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、人参と黄耆を含み、気を高め、免疫を高めます。

下痢やめまい、低血圧、内臓下垂、虚弱、体力低下などに効果があります。

起立性調節障害癌の手術前慢性疲労症候群などにも効果が認められます。効果は比較的早期に現れます。


六君子湯(りっくんしとう)は、人参を含み、代謝を高め、胃の蠕動を高め、食欲改善や胃薬としての効果があります。

食欲低下胃もたれなどに効果的です。効果は、比較的ゆっくり現れます。


人参養栄湯(にんじんようえいとう)は、人参と黄耆を含み気を高め、さらに、血も高めます。

慢性的な疲労、やせていたり、筋力が低下している場合などに筋力を高めます。

フレイルなどに効果的です。効果はゆっくりと現れます。


十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)は、人参と黄耆を含み気を高め、さらに、血も高め、筋力を高めます。

褥瘡(炎症消失後)や血行障害などに効果的です。

《関連ページ》

  • 川崎市高津区「梶が谷駅前内科クリニック」

    画像の説明

    コメント


    認証コード9577

    コメントは管理者の承認後に表示されます。