ダイエット(痩身)注射 αリポ酸、L-カルニチン GLP-1

α(アルファ)リポ酸
アルファリポ酸は別名チオクト酸と呼ばれ、糖代謝における補酵素として働き、エネルギー代謝(産生)に重要な物質です。

また、ビタミンC・Eよりも高い抗酸化力を持つアンチエイジング効果も期待される物質です。
さらに、がんや肝炎などの治療にも使用されています。


L(エル)-カルニチン
エルカル二チンは、脂肪酸のエネルギー代謝に重要な物質です。エルカルニチンは脂肪酸と結合し、細胞内のミトコンドリアに輸送する役割を持っています。

また、足のつり(けいれん)、貧血心機能低下などに効果も期待される物質です。


アルファリポ酸、エルカルチンともに、体内で生産されるものですが、その生産量はごくわずかであり、さらに加齢に伴い減少していきます。

ただし、両者ともに、あくまでもエネルギー代謝を助ける物質であるため、注射だけで必ずやせるものではありません

これらのほかに、糖尿病の治療薬として知られるGLP-1によるダイエット注射も知られています。


ご関心のある方は、お気軽に診察室にてご相談下さい。

《関連ページ》

  • 自由診療
  • 川崎市高津区 内科「梶が谷駅前内科クリニック」

    画像の説明

    コメント


    認証コード3757

    コメントは管理者の承認後に表示されます。