MCI(Mild Cognitive Impairment):軽度認知障害とMCIスクリーニング検査

厚生労働省の発表によると、2025年には65歳以上の高齢者のうち認知症の人は約700万人(5人に1人)に増加すると予測されています。

軽度認知障害(MCI)とは、健常者と認知症の中間の段階を指します。日常生活に支障はありませんが、そのまま過ごすと約5年でその半数以上が認知症に進行すると言われています。認知症予備軍とも言われているMCIですが、最近の研究ではMCIの段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防ぐことや遅らせることができると分かっています。

認知症の中でも最も多いアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)は、発症する約20年前から主な原因物質であるアミロイドベータペプチドが脳内に溜まり始め、認知機能が少しずつ低下していきます。アルツハイマー病はアミロイドベータペプチドという老廃物が脳に蓄積し、神経細胞を破壊することで発症します。

MCIスクリーニング検査は、アルツハイマー病の前段階であるMCIのリスクをはかる血液検査です。この検査では、アミロイドベータペプチドの排除や毒性を弱める機能を持つ血液中の3つのタンパク質(アポリポタンパク質(ApoA1)、補体蛋白質(C3)、トランスサイレチン(TTR))を調べることで、MCIのリスクを判定します。判定結果はリスクに応じてA~Dの4段階に分類されます。

50歳以上の方、認知症への不安のある方、以前とは違うことに家族が気付いた場合などにお勧めの検査です。

健康診断と同じように定期的に検査を受けることで、ご自身の変化を早い段階で気づくことができます。

《関連ページ》

画像の説明

《関連ページ》

コメント


認証コード7376

コメントは管理者の承認後に表示されます。