喘息の治療

喘息に対する治療で、ICS(吸入ステロイド薬)は、気道の炎症細胞を抑え、LABA(気管支拡張薬)は、気道の狭窄、収縮を抑えて広げますが、気道のリモデリングを治す薬は今のところありません。
このリモデリングは、炎症細胞が常に気道に現れ、気道の修復が不完全なまま行われるため、正常の元の状態まで治しきれないことによります。

また、気道狭窄の原因も気道の収縮(知覚神経刺激など)だけでなく、浮腫や気道分泌(粘液)も原因となるため、気管支拡張薬が効かない場合があります

そのため、喘息治療では、リモデリングが起こらないようにすること、気道の浮腫や気道分泌があっても気管支が広がるように、ICS(吸入ステロイド薬)を使用することが必要となります。

その他の治療薬では、気道収縮に対して抗コリン薬、気道の浮腫に対してロイコトリエン受容体拮抗薬などが使用されます。

《関連ページ》

  • 総合内科
  • 川崎市高津区 内科「梶が谷駅前内科クリニック」

    画像の説明

    コメント


    認証コード2629

    コメントは管理者の承認後に表示されます。