タバコの依存性はコカインの次に強力

日本禁煙学会が「タバコは薬物である。依存性はコカイン・ヘロインに次ぎ、アルコール・覚せい剤を上回る。毎年10数万人の命を奪う最大の健康危険因子」としています。

タバコは日本人の健康寿命を縮める最も大きな原因の一つであり、
喫煙が関連する死亡者は年間約13万人で、高血圧を上回りトップです。
さらに、受動喫煙による死亡者は、交通事故の死亡者の3倍以上となる1万5000人との推計です。

タバコの煙には、3大有害物質であるニコチン、タール、一酸化炭素のほか70種類以上の発がん性物質が含まれています。

肺がんを発症するリスクのほか、ほとんどの部位のがんの原因になっていることがわかりました。

さらに、脳卒中や虚血性心疾患などの循環器疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器疾患、糖尿病妊娠周産期の異常歯周病などのさまざまな病気の原因になります。

《関連ページ》

画像の説明

コメント


認証コード5562

コメントは管理者の承認後に表示されます。